検索
  • Dave Parise

イナーシャウェーブでのメタボリックコンディショニングは他と違う Posted on Oct. 20, 2017|By |Last edited Feb. 24, 2018 2017年10月20日投稿

Metabolic Conditioning with the Inertia Wave is Different

イナーシャウェーブでのメタボリックコンディショニングは他と違う


Posted on Oct. 20, 2017|By |Last edited Feb. 24, 2018

2017年10月20日投稿 2018年2月24日最終編集


 Why is the INERTIA WAVE   Metabolic conditioning system different from other training systems?

イナーシャーウェーブの代謝調整システムはなぜ他のトレーニングシステムと異なるのですか?


イナーシャーウェーブシステムは振動波の効果があるため、他のトレーニング方法とはまた異なります。例えばバーベル、ダンベル、エクササイズチューブ、マシーン、ケトルベルを使用する場合、重さが地面に向かっていくので、重力が支配します(異なるエネルギーシステム)。重力が働く間、身体と心をリラックスさせる推進力が働きます。イナーシャーウェーブでのトレーニングは、エクササイズ中は常に使用者(あなた)が速度を決め持続させなければなりません。その上、短時間でより激しいレベルでのトレーニングや競争になるので、その効果がより長い間持続するのです。( 持ち越しの原則)


どのようにイナーシャーウェーブ(メトコン)は作られたのですか?

このシステムは デイブ パリーゼ CPT FPTAが極短時間で最大限の成果を出したい人々のため、持ち運び可能で成果が出る非常に優れた調節ディバイスを発明しました。3 パリーゼ氏は振動パターンにおける波の頂点と底値の概念からイナーシャーウェーブの基礎をつくり出しました。この特別なチューブの一連の振動が、パリーゼ氏に使用方法の7メソッドを開発させたのです。こちらの動画をご覧下さい。

メタボリックコンディショニング(代謝調節)局として、イナーシャーウェーブをつくるために研究開発が行われました。そのため、特許を持つこのゴムのようなチューブ器具が7メソッドを通して人々を上達させる事が可能になったのです。

習得するのにどのくらいの時間がかかりますか?

たった30秒間でイナーシャーウェーブの偉大なメリットを実感し、楽しみながら運動出来るようになるでしょう。しかし、イナーシャーウェーブでの代謝調節においてはすぐに効果が出るものではなく、苦労もあるかもしれません。それでも辛抱強く続ける事で、動作のパターンに運動感覚の変化が出てくるはずです。

なぜイナーシャーウェーブには異なるパターンもしくは使用方法があるのですか?


7メソッド全ての使用方法にはエネルギーシステムに影響する、異なった効果があります。明白な強度と、耐久相があります。この7メソッドが一通り全ての動作にチェレンジするのです。


The Benefits of the INERTIA WAVE TM

イナーシャーウェーブTMのメリット

1-     Anti-Flexion-strength-ABS 抗屈曲高度 ABS

2-    Anti-Extension- strength-ABS 抗延長強度 ABS

3-    Anti- Rotation- strength-ABS 抗回転強度 ABS

4-   Enhanced Dynamic Posture 動的姿勢の強化

5-    Acceleration / Deceleration of musculature 筋肉組織の増加/減量

6-   Concentric / Eccentric patterns 集中的な/並外れたパターン

7-    Strengthens Dynamic Stabilizers ダイナミックステビライザーマッスルの強化

8-   EPOC-Intense oxygen consumption pre- & post 

運動後過剰酸素消費量ー前後の激しい酸素消費量

9-   Natural boost of HGH Human Growth Hormone ヒト成長ホルモンの自然な増加

(Which is essential for optimal health, vigor, strength, boost *FAT loss, and muscle development.)

(健康、活力、強度、脂肪減少の増加、そして筋肉の発達に不可欠なもの)

***Improved insulin sensitivity an average of 24%

改善されたインシュリンの感受性は平均24パーセント



1-There are 7 exercise patterns called the Methods of use.

1-使用メソッドと呼ばれるエクササイズパターンが7通りあります。


2-Met Con is the abbreviation for Metabolic Conditioning

2-メトコンとはメタボリックコンディショニング(代謝調節)の略語です。


3-Recommended 4- 3- minute bouts 4x per week- transitioning into all 7- methods of use

3-3分の短い運動を4回×週4回、7つ全ての使用方法を通して行う事をお進めします。


4-Watch the methods of use video tutorial

4-使用方法の動画をご覧下さい。




22回の閲覧

© 2019 INERTIA WAVE JAPAN. Proudly created with Wix.com

特許出願中
のユーティリティ、設計および使用方法。

0