検索
  • Dave Parise

イナーシャーウェーブでより燃焼!運動後酸素消費量 Posted on Oct. 20, 2017|By |Last edited Jan. 28, 2018 2017年10月20日投稿 2018年1

the Inertia Wave Burns More! Exercise Post Oxygen Consumption



 Post Exercise Oxygen Consumption & Comparison  (EPOC) After High-Intensity Inertia Wave, VS. Sprint  Interval Exercise, (SIE) and Continuous Steady-State Exercise.(SSE)

High-Intensity イナーシャーウェーブvs Sprint  Interval Exercise (SIE)スプリントインターバルエクササイズと連続するSteady-State Exercise(SSE)定常エクササイズ後のPost Exercise Oxygen Consumption (EPOC) 運動後過剰酸素消費量と比較。


The effects of all that hard work from Inertia Wave  Intensity Training actually kicks your bodys metabolic cycle into hyperdrive mode meaning you actually continue to burn fat in the 24 hours after  not just during your Inertia Wave workout., 4-5 hours after! Burn more calories. Just 12 minutes of (IW) Inertia Wave  can burn more calories than a half an hour on the Treadmill, Jacobs ladder, Stair climber, Elliptical, or Bike.  

イナーシャーウェーブを使ったあらゆる高強度エクササイズは、なんと身体の代謝のサイクルをハイパードライブモードにします。というのはイナーシャーウェーブのワークアウトをしている間だけではなく、終わった後24時間も脂肪を燃焼し続けるのです!カロリーもより多く消費します。たった12分間のイナーシャーウェーブ(IW)で、30分間のトレッドミル、踏み台、階段クライマー、エリプティカル、またはバイクよりもカロリーを多く消費するのです。


休息をしっかりとりながら高強度イナーシャーウェーブの12分間の振動コンビネーションエクササイズを行った後の運動後過剰酸素消費量を計ります。2017年8月1日ー12分間のイナーシャーウェーブエクササイズ(IW)とエクササイズ間の積極的な休息によるより多くの運動後過剰酸素消費量(EPOC)は、連続して行う定常エクササイズ(SSE)と比べてより多くの脂肪燃焼、そして筋肉の活性化をもたらしているのかもしれません。私達はIW とSSE後のEPOCを比較しました。

商品を見る


1−アクティブな女性と男性(24歳から45歳)20人がこのランダムなクロスオーバー実験に参加しました。一つ目のグループは休息コントロールのトライアルとイナーシャーウェーブを使った3つのエクササイズを行います。(心拍数ピーク85パーセントで2分間のインターバル、別に休息をしっかり3分間)全4ラウンド、計8分間。


2―次のグループはスプリントインターバルエクササイズ(SIE)(30秒のウィンゲイトスプリントを4回、別に3分しっかり回復)を行い、エクササイズの3時間後の酸素消費量を計測しました。

 

3−最後の3つ目のグループは高強度トレーニングのみ、心拍数ピーク85パーセントでの12分間の高強度エリプティカルを全身セット、繰り返しを行いました。


結果―3時間後のEPOCと最終的なエクササイズのエネルギー消費量の合計は、休息をしっかり取り入れながらイナーシャーウェーブを行ったグループ1が圧倒的に高い結果でした。イナーシャーウェーブコントロール(WC)で連続して行うコンビネーションを3分間、4セット行った後のエネルギー消費量(EE)はスプリントインターバル(SIE)と全身強化トレーニング(FB)に比べて高い結果が出ました。イナーシャーウェーブを行った人たちの最終的な酸素消費量とエネルギー消費量は、スプリント、エリプティカル、階段上り、バイクを休憩なく続けて行った人たちよりも90キロカロリー以上多い事が分かったのです。


イナーシャーウェーブ後のEPOCがエネルギー消費量の単位当たりより多くの筋肉の活性化と脂肪燃焼に役立つという事がこの実験で証明されました。つまり、より早く脂肪を燃焼し、より多くの筋肉組織を活性化し、運動中エネルギーをさらにうまく利用出来、そして運動後も長い間カロリーを消費し続ける事が出来るのです。(EPOC、またはexcess post-exercise oxygen consumption、運動後過剰酸素消費量 と呼ばれる現象。)



イナーシャーウェーブ後の主なメリット:脂肪の蓄積が分解され、遊離脂肪酸(FFA)が血流に放流されます。それから代謝を施すミトコンドリアによってその基質が使われるのです。これらの力が組織的に燃料(脂肪ー糖質)を分解し、エネルギーを生み出す事で脂肪を燃焼し続ける事が出来るのです。イナーシャーウェーブはとても激しく、その一連の7メソッドを行った後平均で38−48時間もカロリー燃焼が持続します。(2、3分のセッションを8−12分間全て行った場合)


0回の閲覧

© 2019 INERTIA WAVE JAPAN. Proudly created with Wix.com

特許出願中
のユーティリティ、設計および使用方法。

0