1人でトレーニング
家でも外出先でも、いつでもどこでも使えるアンカー付きの一人用HIITトレーニング器具。

IWを使用すると、動きに基づくタイミングの移り変わり(タイミングによるリズミカルなアクション)を実行できます。IWは流動的、継続的なリズムで運動を行うため、心肺機能の強化に繋がります。これが意味することは、ユーザーはスタミナを強化し、突然な運動や指示に素早く反応しだします。
より多くのメリット
 ・コアトレーニング
 ・バランストレーニング
 ・反応性トレーニング
 ・融合された抵抗力
 ・スピード、軽快さ、速さのトレーニング
 ・認知学習
1-反屈曲強度―ABS
2-反拡張強度―ABS
3-反回転強度―ABS
4-強化された動的姿勢
5-筋肉組織の促進/抑制
6-同心的/偏心的パターン
7-動的な安定を強化
8-EPOC-始めと終わりの激しい酸素消費量


 

japan

NEW ITEM

イナーシャウェーブDUOは全身の心肺持久力、強度、運動能力(認知)の需要を同時に高めることのできる2人用のフィットネスデバイスです。イナーシャウェーブDUOは脳と筋肉が一つに結び付くことで最適なトレーニングに焦点を合わせ、集約された運動能力セットを提供します。
・セットアップなし
・使いやすい
・いつでもどんな場所でも。
・社会的相互作用
・2人で行う運動
・競争心を刺激する
・自分で考える。脳体トレーニングソルーション

japan

ご紹介 inertia wave

イナーシャーウェーブ

 

ポータブルHIITはアスリート、消防士、軍隊または法執行官、および非常に厳しい身体活動に定期的に従事する人々の運動能力を高めるように設計されたデバイスです。
IWはバトルロープに代わりコアエンゲージメント、エネルギーシステム、カロリー消費、および認知スキルを行える、より安全で効率的なHIITです。


 

毎日のフィットネスルーティーンを最適化する。
IWは最適なHIITトレーニングを紹介します。IWを行うことで二重跳びを行うよりも、多くの代謝コンディションとカロリー燃焼があります。

 

全体的な強度とコンディションを高めながら脂肪燃焼エンジンをアクティブにします。HIITプログラムの一部としてIWを使用し、積極的な回復運動を行うことで余分な脂肪を体から取り除きながら筋肉量を維持します。

 

機器などを全く使わずに、ハードなトレーニングを行うことができます。ジムを利用できない場合や頻繁に旅行する場合でも、IWを使用して代謝を調整し、脂肪を燃焼させることができます。

非常に軽量で耐久性があります。3ポンド未満の重量は非常に持ち運びが簡単で、そのパターン化されたデザインは600ポンドを超えるねじれに耐えることができます。どこに行く時でも持っていきましょう。
 

代謝調整、HIIT,クロストレーニングツールです。IWを使用したHIITトレーニングはトレーニング終了後24時間でヒト成長ホルモンの生産を最大450%刺激します。
 

酸素消費後の運動。
7つの使用方法を実行することによる効果は、体の修復リサイクルを最高の状態にします。つまり、トレーニング後24時間も脂肪を代謝的に燃焼し続けます。



 

japan

battle-rope

バトルロープ

スムーズでリズミカルで協調的に動きます
 

あなたのコアを鍛え、全身強化に繋がります。
 

2.7ポンド未満で軽量、ポータブルで保管が簡単です。
 

30通りの接続方法があり、どこにでも持ち運べてワークアウトできます。
 

バトルロープよりはるかに大きいカロリー燃焼を得ることができます。
 

7つの使用方法を適切に実践すれば100%安全です。
 

ほつれたり、ほどけたり、破れたりしません。

 

認知的つながりは圧倒的で、タイミングと手と目の協調が増加します。
 

手首と肩関節の極端な筋肉のねじれと緊張。
 

ワークアウト中の姿勢が前傾になりやすいため姿勢が悪くなりす。
 

重くて、かさばる高価なロープはワークアウトスペースの場所を取ります。
 

固定されている接続部分はすべてのエネルギーを床、もしくは接続部へ流れ込みます。
 

運動に対してのカロリー消費ははるかに少ないです。
 

ロープの端から“ほつれ”や“ほどけ”が起こります。
 

あなたのジムやクラブに大きな責任が掛かります。
 

認知能力や運動能力を高めるためのツールとしては優れていません。
 

 

japan

ご紹介

イナーシャウェーブ VS バトルロープ

・IWで7つの使用方法を開始すると、体は自動的に正しい重心ポイントを見つけ、姿勢を維持します。
・IWはバトルロープとは基本的に異なります。数日間使った後、あなたは納得するでしょう。バトルロープには基本的にエネルギーが蓄積されていないため、チューブにあるエネルギーはあったとしても非常に小さいものとなります。バトルロープに対してIWのエラストマーチューブの魅力は、チューブ自体に蓄積されたエネルギーの量です。IWのチューブは生きています。あなたがチューブを動かし、チューブがあなたを動かします。チューブが振動している時に同時にジャンプをすると、なんともいえぬ楽しい気分になります。
・これは姿勢の不均衡を修正するだけでなく、タイトな肩甲筋を和らげます。IWはエラストマーの弾性に基づいて一定の引張力と圧力を持っています。開始から常にあなたを安定させるために体の重心を少し後ろに保つように試みます。チューブを激しく動かし作られる体の慣性は、深いスタビライザーとコアの筋肉組織に作用します。力が生み出されると中心から外に向かって伝わります。(池の真ん中に小石を落とした時のように)。7つの方法を利用し、2分間の短い間に激しいエネルギーの燃焼、反射能力を向上させるワークアウトにチャレンジすると代謝調整とエネルギーレベルが増加します。例えば、エクササイズ#1から#2へと実行することにより体の隅々にまで認知的に挑戦しバランスを高め、より強化されたボディバランスを提供します。
バトルロープには絶えず持ち上げて突然叩く状態があり、(筋)組織の緊張と筋肉の運動値向上を試みています。
バトルロープを使用すると、持ち上げや叩きつけの際に補助するためだけに外側に筋肉を動かす必要があります。時間の経過とともにバトルロープトレーニングは組織の緊張を高め、常に1つの位置に固定されるため痛みを引き起こします。IWは多くのアスリートの場合のように、よりリラックスしてすべての運動面での呼吸と体の位置に集中する機会を提供します。IWは携帯でき、代謝調整のできるトレーニング用具です。それは冗談ではなく、標準以上の身体活動をしたい、またはすでに従事している人たちのためのものです。

エネルギーシステムの簡単な説明

 それでは始めましょう。ハイブリッドエンジンのように、あなたの体はあなたが食べたものをあなたがするものに変えるいくつかの方法を持っています。これらの代謝エネルギーシステムはすべて活動中にオンになりますが、利用可能なエネルギーと特定のタスクの要求に応じてそれぞれが異なる役割を果たします。それぞれが一定の割合で燃料を燃焼します。それによって脂肪の減少と筋肉の増加に影響を与えています。

アデノシンサンリン酸―クレアチンリン酸(ATP-CP)システムまたはホスファゲンシステム
垂直跳びのように非常に短時間で高強度のアクティビティーをサポートします。

解糖システム
筋力トレーニングのように少し長く、強度の低い活動エネルギーを提供します。

酸化システム
ウォーキングや長距離走など長時間の低強度のアクティビティ―をサポートします。

IWは3つのシステムすべてを使用します。IWは脂肪を非常に効果的に燃焼させます。そのため体に重大な代謝障害を引き起こしかねません。回復または冷却段階では、IWは3つのエネルギーシステムすべてからの作業を必要としています。
フィットネス愛好家にとって、持ち帰りのレッスンはあなたが競争力のある持久力アスリートでない限り、長く時間のかかる有酸素システムを使った有酸素運動は最良の方法ではないということです。全体として、より強度の高い運動は心臓血管系を構築し、脂肪を燃焼させるための、より効果的かつ効率的な方法かもしれません。

IWは、リズミカルに行うため、その流体振動はすべてのコア(インナー)およびグローバル(アウター)な筋肉組織に関与するため、心臓への負担を軽減します。おなかの筋肉には安静時圧迫と呼ばれるものがあります。ハードコアトレーニング中に、あなたの心臓は異常な筋肉の緊張を緩和する必要があります。
IWは構造化されたスキルワークを行うようなものであるため、頭を使わずとも、2分間の間隔で筋肉の緊張をサポートします。動きが効率的になるほど呼吸が整い、生じる副作用も少なくなり、二酸化炭素の排出量も少なくなります。

 

 

メール配信ご希望の方はEメールアドレスの登録をお願いします。

誰が使用しているかを確認する

 

japan

アメリカ

japan

inertiawavejp@icloud.com

Tel: 052-701-8570

13:00-16:30

© 2019 INERTIA WAVE JAPAN. Proudly created with Wix.com

特許出願中
のユーティリティ、設計および使用方法。

0
neon-red